×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長岡ワラビ取り殺人事件

今は昔、桓武天皇の命の元平城京から移転させた都、そして現在でも多くの重要文化財が残るここ長岡京にて、何とも不可解な事件は起こった。

以下は当時掲載された新聞の一部内容である。

--------


○中日新聞1979年05月25日(金)

ワラビ採りの主婦2人殺さる 首絞め胸刺され 京都 犯人は不良グループ?

【京都】京都府長岡京市で二十三日昼から山にワラビ採りに出た主婦二人が行方不明になり、捜索が行われていたが、二十五日朝、二人とも山中で刃物で殺されていた。京都府警は殺人事件とみて捜査を始めた。

23日から不明に殺されていたのは、同市長岡xノxノx、会社員水野xxさん(40)の妻恵子さん(32)と、同市金ケ原平井xノxノx、会社員明石xxさん(49)の妻英子さん(43)。

二人は長岡京市のスーパーにパートで勤めているが、二十三日午前十一時ごろ、早番の勤務を終えた後、自転車に乗って同市奥海印寺の通称西山梅林(標高二百メートル)にワラビ採りに出かけた。

二十四日になっても帰宅しないため、家人が向日町署に届け出,署員五十人と消防団員五十人や警察犬も使って山狩り捜索を続けた。その結果,二十五日午前十時半、家から三キロ離れた同市光明寺の裏山で二人の死体を発見した。

京都府系捜査一課で調べたところ、水野さんの左胸に包丁が刺さっており、二人とも着衣が乱れていた。このため同課は、二人は刃物で誰かに殺されたと断定、向日町署に捜査本部を置いた。

二人が殺されていた場所は標高二〇〇メートルの雑木林内で、水野さんは頭を斜面の上に向け下半身は着衣が脱がされており、明石さんは水野さんから十メートル離れたところで倒れ,首をヒモで絞められ、胸に数カ所の刺し傷もあり、下半身の着衣が乱れていた。

捜査本部は、二人が複数の男に襲われ乱暴された後、首を絞められ、刃物で刺されたとみている。

二人が乗って出た自転車は二十四日午後,西山梅林入り口の畑で、二台とも放置されていた。

昨年十一月には、二人が殺害された現場から南西十キロの宇治市内の田園地帯で、夜間マラソン中の主婦が失踪したまま。ちょうど半年たったいまも何の手がかりもなく、同捜査本部はこの失踪事件と何らかの関連がある可能性もあるとみて調べている。

また、これまでの調べで最近現場付近の山林内の道路を暴走族がたびたび走り回っており、同本部は暴走族の不良グループに襲われた可能性もあるとみている。

--------


警察は事件後当初単独犯か複数犯かの犯行か決めかねていたが、死亡した一人が持っていたメモにより単独犯による犯行で有ると断定する。

--------


○中日新聞1979年05月28日(月)夕刊

犯人は一人と断定 被害者の主婦 「助けて」と走り書き ワラビ採り殺人

【京都】京都府長岡京市の山中でワラビ採りにきていた近くの主婦、明石英子さん(43)。水野恵子さん(32)の二人が殺害された事件で、京都府警の向日町署捜査本部は二十八日、明石さんの痛いのジーパンのポケットから

「オワレている たすけてくださいこの男の人はわるい人です」

とスーパーのレシートに走り書きしたメモ(週刊新潮の記事より)を発見した。

このメモはあお向けになって殺害されていた明石さんの薄青色ジーパンの右ポケットにくしゃくしゃに丸めて残っていた。パート先の「いづみや長岡店」のレシート(幅四・五センチ、長さ九・五センチ、二十一日の日付)の裏にエンピツで書かれており、筆跡鑑定の結果、明石さんの文字とわかった。

タテ書きで三行にわたっていたが、ひらがな、片かな、漢字が混じり、字は乱れていた。また、「たすけて」の「す」の字は「く」の上に二重書きしたうえ、さらに「す」と書き加えている。

こうしたことから、捜査本部では明石さんはレシートを手のひらに隠すようにしながら、急いで書いたものとみている。

また、メモの内容などから、明石さんは犯人が水野さんに包丁を突きつけながら乱暴している間に走り書き、一旦ポケットにしまい込み、助けを求めるためどこかへ捨てる機会をうかがっていて襲われ、殺されたとみている。

捜査本部では、二人の主婦が同一現場でほぼ同時に殺害されている−−との状況から、犯人は単独犯なのか複数犯なのか決めかねていたが、明石さんが助けを求める"メモ"を書く時間とスキがあったことから、犯人は一人で、まず水野さんに包丁を突きつけ,明石さんに

「逃げたら、こいつ(水野さん)を殺すぞ」

と脅しながら、水野さんに乱暴して殺害。この後恐怖のあまり現場に座りこんでいた明石さんにもロッ骨を九本も折るなどの暴行を加えたうえ、首を絞めて殺したと断定した。

--------


しかしその後捜査は難航する。遺留品が先のレシートと犯行に使用された包丁(岐阜県関市で作られた約7万本の中の1本とみられているが、販売ルートは不明)のみだったのも大きな要因と言える。その後大きな進展を迎えぬまま数年の歳月を経る。

しかし、この事件はここで終わらない。実は以上2名の他にあと一人、共にワラビ採りに来ていた主婦が居る。途中所用により先に帰宅し事なきを得たが、5年後不可解な事件にて命を絶たれる。

--------


○中日新聞1984年05月16日(水)朝刊 主婦殺し放火 京都 首や背中メッタ刺し

【京都】十五日午後二時五十分ごろ、京都府長岡京市神足xノxノx、国鉄職員xxさん(54)方から出荷、木造二階建て約百十平方メートルのうち、一回の六畳居間の一部を焼いた。

居間からxxさんの妻xxさん(48)が死体で発見された。体に刺し傷があり、京都府警捜査一課は殺人放火事件と断定、向日町署に捜査本部を置き捜査を始めた。

調べによると、xxさんは居間の中央にうつ伏せになって倒れており、左耳の下に深い傷が数カ所あり、背中にも十数カ所の切り傷があった。

死体の上には居間の押入れにあった衣類数十点と布団数枚が高さ五、六十センチにわたり重ねられ、布団や布団からはみ出ていた手足や頭の一部、周囲の畳が燃えていた。一、二階には点々と血痕があった。

同本部は、犯人がxxさんを刺殺した後、放火したとみて物色の跡や被害品の有無などを調べている。xxさんは左耳下の傷の出血による失血死か、目にうっ血の跡があることから首を絞められたことも考えられるとして、十六日遺体を解剖し詳しい死因を調べる。

隣家の主婦が火事に気付き声を掛けたが応答がなかったため一一九番。消火作業に当たった消防士の話では、xxさん宅の裏口が開いていたという。

xxさん方は夫婦と会社員の長男(27)長女(23)の四人暮らし。事件当時はxxさん一人だった。近くに住む小学校時代の同級生の男性(48)は

「恨みを買うような人ではないのだが」

と話していた。

現場は国鉄神足駅の約百五十メートル北西で,商店街に面した古くからの住宅街。昼間は人通りが少ない所。

--------


5年前の事件に最もかかわりがあった彼女が滅多刺しされて殺害される。偶然かも知れないが、もしかすると事件当初彼女は犯人に関する重大な手がかりを見ていてその口封じの為殺害されたのかも知れない。

だがこの2つの事件は既に時効を迎えており、今となっては誰も知る予知は無い。
⇔戻る